福島復興プロジェクトβは、福島県の原発被害・地震津波被害からの復興を応援しています。
福島復興プロジェクトβの概要


2011年3月11日 東日本大震災によって、各地で多くの方が被害に見舞われました。

福島県双葉郡大熊町に位置する、東京電力株式会社 福島原子力発電所。
津波による福島第一原発の緊急停止以降、水素爆発や火災等のたび重なる事故により
大気・土壌汚染の問題、畜農産物の出荷停止、さらには、基準値を超えていない畜農産物までも
福島県産というだけで風評被害にあい、価格の低下を招いています。
私たちはみんなで力を合わせ、この苦難を乗り越えていくべきだと考えております。

私たち一般社団法人ホワイトレイヴンは、東日本大震災を受け、
福島市から東北への物資支援から始まり、物資調達のための支援金を
関東で集め始めたのが前身の活動です。
福島はいわきから以北各地の避難所、市役所、個人宅をまわり、現場での活動期間を持ちました。

少し時が経ち 徐々に大手の支援団体が立ち上がり、個人個人が動いてゆくことに限界が生じ、
6月に一般社団法人ホワイトレイヴンを設立。
その後、全国に広がる放射能の汚染を食い止めるのは、生産地での活動が重要と考えました。
田畑の計測、地下水の計測、除染活動など現地でしなくてはならないと考えられる事は
現地で動かないと始まらないのです。

  1. 【出来る事を出来るだけする】

この地で生活している自分達が笑顔にならなくては、他の人も笑顔にする事は難しい。
日々刻々と変化する、被災地の状況、先の見えない市政、県政
社団法人という団体だから「こうしなければいけない」わけではない
古き体制に囚われる事がないよう、常に臨機応変で現地の状況に合わせて変化する団体でありたいと考えてます。
最終目的は【被災地の復興】なはず、建前言って、綺麗事言って、形だけの支援見せかけだけの絆なんか
被災地には必要ない。

被災者が本気でぶつかれる団体、それに本気で答える団体でありたい。
綺麗事かもしれない・・・この団体に多くの方が関わり迷惑もかけるかもしれない
しかし、目的は【被災地の復興】なはず、現地を見ている限りでは先が見えない
だからこそ、地元に住む自分達が動く。

**********************************************
【準備段階を含めた活動履歴】

【最新ニュース】
福島県南相馬市にて
「みんなのきっちん」の運営サポートを行っております。
「もとまちベース」へのコンサルタントとしてサポートはいります
南相馬市民の相談を受け、新規に2事業の立ち上げをサポートします。

**********支援金のお願い**********

一般社団法人ホワイトレイヴンは、支援金や補助金にできるだけ頼らずに自らの活動で、活動資金を作り出し
その資金で復興事業に繋げたいと考えております。
しかしながら、当初個人活動から始めた為に資本金と言う物はほとんどありません。
「出来るだけの事をしたい」そう思い様々な被災地支援につながる事業を作り出します
いずれは、それぞれで収益ができて被災者を雇用出来るように。
そして、福島の経済に貢献できる形で団体を役立てたいと思ってます。
そうすれば、福島に住む俺達の為にもなる、俺達が自分の為に動く事が福島の為にもなり被災者の為にもなる。・・・そう信じています

当社団の活動支援金
この支援金は、団体の維持(賃貸料や上記プロジェクト以外のプロジェクト経費に使用します)

他行から振込は郵貯銀行
払い込み口座番号 八二八 普通 3520746

ゆうちょ口座をお持ちの方
記号 18290-35207461